ページ内を移動するためのリンクです。
健康づくり編
現在表示しているページの位置です。

その他

事業の概要

被保険者または被扶養者が出産され、健康保険組合より「出産育児一時金」を給付された方に、育児月刊誌「赤ちゃんとママ」(1年12冊)(初回送付時に「お誕生号」、「お医者さんにかかるまで」、「保存用ファイル」を添付)をお送りしています。
赤ちゃんやご両親の健康、生活について分かりやすく指導しています。

対象者

  • 阪急阪神健康保険組合より出産育児一時金を給付された方

事業の概要

家庭用常備薬を年2回、斡旋販売します。

対象者

  • 被保険者

利用/登録方法

  • 1.3月と9月に自宅郵送しております広報誌に、「家庭用常備薬の斡旋ご案内」を同封しております。
  • 2.ご案内にそって、販売業者にお申し込みください。

高額となる医療費や出産費(直接支払制度を利用されない場合)を無利子でお貸しします。

※貸付を希望される方は事前に健康保険組合にご相談いただければご説明させていただきます。

高額医療費資金貸付制度 出産費資金貸付制度
制度の説明 窓口での負担(保険診療)が高額となった場合に無利子で医療費をお貸しする制度です。 出産のため一時的に資金が必要となった場合等に無利子で出産費をお貸しする制度です。
対象となる方
  1. 高額療養費の支給が見込まれる方
  2. 合算による高額療養費の支給が見込まれる方

参照:高額療養費・付加給付費

出産育児一時金等の支給を受ける見込みがある方で次のいずれかに該当される方
  1. 出産予定日まで1ヶ月以内の方
  2. 妊娠4ヶ月以上で医療機関に一時的な支払が必要となった方
貸付額(上限) 高額療養費の見込み額の80%
(千円未満切り捨て)
323,200円
(出産育児一時金等の80%)
貸付金の返還 後日、健康保険組合から支給される「高額療養費等」をもって返金していただきます。 後日、健康保険組合から支給される「出産育児一時金等」をもって返金していただきます。
必要書類 その他、別途書類をご提出いただく場合があります。 *貸付対象者(1)の方 *貸付対象者(2)の方
  • 出産費資金貸付申込書
  • 母子健康手帳の写し(表紙、出産予定日が記載されている箇所、妊婦検診の記録の箇所)または妊娠4ヶ月以上であることを証明する書類
  • 医療機関発行の出産に要する費用内訳のある請求書(領収書)
  • 出産費資金貸付借用書
その他、別途書類をご提出いただく場合があります。
ページトップへ